高卒を応援!知ってると差がつく転職テクニック

*

高卒で転職するなら、まず実力を見られる

gf1420065432l

1.高卒で即戦力たりえるかどうか

 自分がこれまでやってきた仕事の経験が、新しい職場で生かせそうならそれをアピールすべきです。「学校を出てから自分はこういう仕事をしてきたが、こういう体験は新しい環境でも大きな力を発揮する。」という点が相手に伝わるかどうかが重要なのです。

 これまで自分がやってきたこととは全く別の業種や、これまで正社員をやったことがないという人もいるかもしれませんが、そもそも自分がその会社をこれから受けようと思ったのには、どこかその会社に自分の興味や関心を惹く部分があるはずです。

 そういう点もよくよく考えて面接のときにきちんと伝えられるとよい結果が出やすいでしょう。

2.やる気があること

 当たり前ですが、新卒でも転職でもやる気のない人を取ろうとする会社はありません。やる気があること、新しい仕事を積極的に取り組んでいこうとする前向きな姿勢が見せられるかどうかが大切です。

 最終学歴が「高卒」であるかどうかは実際に職場に入ってしまえば、仕事の出来る出来ないにほとんど影響を与えないと考える人も世間には多いのです。だから昔は、まじめに働く高卒を金の卵と呼んで大切にしたのでしょう。

★ここがポイント!

  • 1 最終学歴が「高卒」であることが、転職するのに不利であるかもしれないというようなそんな悩みはご無用。
  • 2 どうしても自分で高卒であることに引け目を持っているのなら、通信制でも放送大学でもいいので入学するという手がある。「大学卒」という学歴を取得することは何歳からでも可能ですが、転職するのに不利だから「高卒」はダメという考え方はおかしい。
  • 3 高卒で転職に成功するためには、転職したいと思う気持ちを企業側にうまく伝えること。
3.コミュニケーションに前向きであること

 新しい会社に入って積極的に周囲とコミュニケーションを取れる人かどうか?という点は、大学卒とか高卒という学歴の有る・無しよりよほど重要なチェックポイントです。

 就職面接などでも前職を辞めた理由なども聞かれる企業はあるかと思いますが、聞かれた場合は前の会社の悪口を言ったりするのは絶対に避けるようにしましょう。こういった部分を上手に伝えることも転職への成功のカギとなります。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・毎週1000件以上求人を更新!
・属性は幅広い層をカバー
・会員登録者は406万人以上

公開日:
最終更新日:2015/02/02